FXは少額資金で大金を得られる唯一の方法

FX業者のホームページを見ていると、どこ業者もキャンペーンを頻繁に行っています。

顧客を獲得するのは、どの職種も大事な事ですがそれが投資になると、より大事な事なのです。

特にFXは何年間もブームなので、その人気が下降しないよう顧客獲得は業界全体で大事な事なのでしょう。普通に考えると、キャンペーンで最も魅力な現金キャッシュバックの金額が大きい会社に、口座を作ってしまいがちですが、冷静に考えるともっと真剣に分析すべきです。

例えばスプレッドや取引システムなどは、その会社の独自の特徴が出て入るので一概にキャンペーンや人気ある会社だから良いという訳ではありません。

また、スワップポイント目的で取引するなら、その1日あたり貰える金額も必ずチェックすべきです。その小さな違いに真剣になる事で、それが投資にもきっと役立つはずです。

人とは違った分析をする事は、投資の世界で勝ち抜くには重要な要素だと、後で気が付くものなのです。FXは一攫千金を獲得できる、人生で負けている人が唯一逆転できるものです。共に頑張りましょう。

過去には株や金取引など様々な投資を行いましたが、最終的にはFXで落ち着きます。

手法が豊富な事と少ない資金でのリターンを考えると、最も投資として完成されていると思うからです。

もちろん、他の投資でもうまく行けば、大きなリターンを期待できるものも多数あります。

しかし、透明性という点で考えるとやはりFXがいちばん現実的で、私など一般の個人投資家に向いているでしょう。私の手法は、自分なりに研究をしてある方法を思いつきます。それを過去データをもってきて、エクセルを使って徹底的に検証します。

その計算過程も好きで、その勝率や利益率などが過去の投資法を上回ると、非常に嬉しいのです。

しかし現実はエクセルのように上手くいかず、取引を重ねることで弱点も露呈されます。
それを再度、検証してより完成度の高いものにする事が趣味を超えて生き甲斐のようになっています。
いつか、この手法を使って誰もが経験した事がない位置まで上り詰めたいと思っています。

FXの口座を開設して、FXの取り引きを開始すると、ネット上にチャートが出てきて、そのチャートを参考にして、取り引きするかどうか、買うか売るかなどを決めていきます。
初心者のうちはこのチャートの見方がよくわからないようですが、慣れてくるといろいろなことがわかるようになってきます。

為替相場は刻一刻と変化します。チャートを見ているとパラパラと変わっていくのがわかります。

銀行が介入するという噂が立ったり、実際に介入したり、何か政治的な出来事があったら相場は大きく変動することがあって注意が必要です。

相場は生き物です。得をするときもあれば損をするときもあります。ある程度の収入に達したら、一度、取り引きを終了して、その後の動向を観察するのも一つの手です。買ってばかりいるのがFXではありません。
たまには、休止してチャートが変動するのを観察して勉強することもとても大切なことです。FXは慣れるととてもいい投資になります。