スキャルピングについて

スキャルピングとは、薄皮を剥ぐという意味で超短期トレードのことを指します。
チャートは主に1分足を使い、ポジションを持っている時間もせいぜい数秒~数分程度で、
数PIPS程度の利益を狙っていくことになります。

そのためどうしても利小損大(利益は小さく損失は大きく)になる傾向があります。
投資に於いては、利小損大になる手法は駄目で逆に損小利大(損は小さく利益は大きく)
を目指すべきだとよく言われますが、必ずしもそうとは言い切れません。

勝率の高い手法であれば、例え利小損大であってもトータルで利益をあげることは可能です。

勝率でカバーすればいいのです。

スキャルピングであれば最低でも勝率70%以上は確保したいところです。
そして、必ず実施しなければならないのが損切りです。

この損切りが出来ないと、とんでもない事になってしまいます。

たかだか数PIPSの利益を狙っているのに、損切りが遅れて数十PIPSの含み損を抱える。
そして、今更損切りする事も出来ずに塩漬けして現実逃避・・・。

なんて事も最悪の場合起きてしまいます。

なので、スキャルピングに限った話ではありませんが、必ずエントリーと同時に損切りを入れてその損切りレートは必ず守るようにしなければいけません。

負けるのが嫌で損切り注文を動かしたり、キャンセルしたりしてるようでは勝ち目はありません。

初心者でも気軽に始められるFXの魅力

株や不動産や金や先物など、投資には多くの種類があります。

でも初心者でも小額から気軽に始められて儲けやすいのは、何といってもFXだといえます。

普通の投資では、かなりの資金を準備しておく必要があります。でもFXなら、お小遣い程度のほんの数万円の資金で始めることもできます。しかもレバレッジを効かせることができるので、小さな資金で大きな利益を上げることも可能です。

FXの魅力は他にもあります。何しろ世界の為替市場が相手なので、株のインサイダー取引のような不正行為が入り込む余地がありません。なので資金力のないトレーダーでも対等な立場で投資ができます。

またインターネットの発達によって、世界中の経済情報がリアルタイムで入手できます。為替を動かす原因となる貴重な情報も入手しやすいので、初心者でも上級者と同じ条件で投資ができます。また株などの場合だと、マーケットが開いている時間が限られています。

でもFXの場合は、世界の市場で常に24時間いつでもトレードできます。

そのためチャンスを逃さずに利益を出せます。このようにFXは初心者にとって、とても魅力的な投資だと言えます。

複数の市場の動きから見極める相場

東京市場、欧州市場市、そしてNY市場。それぞれの市場概況を見ながら相場の流れを見極めるのですが、このところ株価や原油先物に左右される状況が続いており、株式市場でリスク回避の動きが一段落すると、為替市場でもドルが買い戻されています。値動きの急落があったとしても、底固い動きを見せ上昇に転じたりと目を離す隙がない動きです。

とはいえ、戻りを売るという動きも根強くあり、それに押され伸び悩みも感じます。

もみ合いから抜け出す場面を狙い、上抜けや下抜け場面で追随するか。

それとも、短期の投機的な動きを無視し、大きなトレンドを見据えて長期的なポジションを持つか。はたまた買いオーダーや売りオーダーが溜まったレベルでどのようにポジションを持つのか。

新たなリスク要因を素早く察知して考える事や、チャートをいろんな角度から分析するなども必要だけれど、「結局、日替わり相場だ」となる可能性も充分にあり、確かな予測はできないと分かっていながら、ああでもない、こうでもないと考えを巡らせるのは非常に楽しいものです。

FXのレバレッジとは?

FXは、レバレッジというものによって、少額で実際の資金以上の為替取引ができることが魅力ですが、レバレッジとは一体どういうものなのでしょうか?

例えば、1ドルが¥110の時に、1万ドルの取引をするとします。等価なら110万円の資金が必要になりますが、レバレッジ10倍の場合、1万ドルが11万円で取引が可能になります。

しかし、レバレッジを使うということは、魅力でもある一方で注意が必要な部分でもあります。

一時は400倍まで拡大していたレバレッジですが、「レバレッジ規制法」によって段階的に引き下げられ、今では最大25倍に変更されています。

少額の資金で、大きな取引が出来るというのが魅力だったのですが、取引量を多くしていると、少しの値動きがあっただけで数十万から数百万円の損益が出ます。FX会社にすると、取引量が多いほど利益に繋がるわけで、「高レバレッジ」を打ち出し歯止めが掛からないようになっていったのです。

そこで、顧客保護などの観点から「レバレッジ上限25倍」という規制ができたわけですが、これは個人顧客のみの規制です。法人顧客においては、今なお「高レバレッジ」での取引が可能になっています。しかし、いずれ法人顧客にもレバレッジ規制が適応されていくでしょう。

FX業者はどこで選択するべき?

FX業者を選択する際のポイントとして、手数料や通貨ペア、レバレッジなどのいくつかの要素が挙げられますが、中でもレバレッジが多数選択できる業者の方が扱える取り引きの幅が広がると言えます。

レバレッジは個人口座から取り引きの場合、主に2倍、5倍、10倍、15倍、20倍、25倍が選択できますが、この全てを扱っている業者はほとんどありません。中でも2倍と20倍を扱っている業者は少なく、特に初心者の場合、最初のうちは2倍を利用して慣れていくことも多いので、この2倍を扱っている業者を選択した方がいいでしょう。

また10倍の上がもう25倍になってしまう業者も、取り引きの幅が狭くなってしまう為、避けた方がいいかも知れません。10倍と25倍を扱っていない業者はまず無いので、10倍から25倍までの間に15倍や20倍のワンクッションがある業者がおすすめです。

また法人口座を利用する場合、50倍や100倍、200倍といったレバレッジの取り引きが可能ですが、ほとんどの業者が最大100倍までになっています。

200倍の取り引きをしたい場合はそのレバレッジを扱っている業者を選択してください。

主婦でも簡単にできるFX取引

銀行に貯金しても資金を増やすことは難しいので、初心者の主婦でも簡単に取引ができるFXはないか色々と探してみました。

初心者向けに説明が詳しいFXサイトを見つけたのでそこで一通り学習し、自動売買ソフトをインストールして、自分の希望にあった取引値を設定することで自動で取引が行えるソフトを見つけたので早速利用することにしました。

FXはスワップポイントなど初心者には難しいと思っていましたが取引のタイミングは自動売買ソフトによって全て自動で行われますし、希望に近い取引ができるのでかなり助かっています。

入出金も自在にできるようネットバンクの口座を作り、上手に取引を行うようになったので安心して利用することができます。

取引においては充実した内容になっているので初心者でも無理なく利用することができますし、無理ない金額で資産を運用することができ経済の動向などジックリ読み取ることができるようになったので、FX取引は自分の知識を増やすことができます。