FXのレバレッジとは?

FXは、レバレッジというものによって、少額で実際の資金以上の為替取引ができることが魅力ですが、レバレッジとは一体どういうものなのでしょうか?

例えば、1ドルが¥110の時に、1万ドルの取引をするとします。等価なら110万円の資金が必要になりますが、レバレッジ10倍の場合、1万ドルが11万円で取引が可能になります。

しかし、レバレッジを使うということは、魅力でもある一方で注意が必要な部分でもあります。

一時は400倍まで拡大していたレバレッジですが、「レバレッジ規制法」によって段階的に引き下げられ、今では最大25倍に変更されています。

少額の資金で、大きな取引が出来るというのが魅力だったのですが、取引量を多くしていると、少しの値動きがあっただけで数十万から数百万円の損益が出ます。FX会社にすると、取引量が多いほど利益に繋がるわけで、「高レバレッジ」を打ち出し歯止めが掛からないようになっていったのです。

そこで、顧客保護などの観点から「レバレッジ上限25倍」という規制ができたわけですが、これは個人顧客のみの規制です。法人顧客においては、今なお「高レバレッジ」での取引が可能になっています。しかし、いずれ法人顧客にもレバレッジ規制が適応されていくでしょう。